夜鳴きのシィレエヌ(1)(2) を読んで

今日ね、レンタルビデオ屋さんに行った。

スーパーナチュラル シーズン12、残っていたの一つだけだった。

新作で一泊260円もするのに借りれて、羨ましいだなんて思っていないから。

私より先に全話見ている人がいるんだ~ なんて妬んでいないから。

ボックスレンタル(安く借りれます)は、いつからかな~ なんて

食い入るように見ていないから!

羨ましいよ~

う~ こんなに人気があるなんて、思っていなかった。

だってさ、前のシーズン11は、ここまででなかったのよ。

それは自分の好きな作品が、認められるのは嬉しいけどさ。

夜鳴きのシィレエヌも、認められても良いのにな、と思っているけどさ。

このマンガは、歌で精霊を使役する、シィレエヌと呼ばれる子たちの物語。

中世風の世界が舞台のファンタジー物。

シィレエヌと呼ばれる子たちは、精霊の上位種族で

人に紛れて生まれて来る存在。だから、忌み嫌われていたりするの。

そのために、自分たちの存在価値をアピールしないといけなくって

戦争など、色々な依頼に応じている組織があるの。それが夜鳴きのシィレエヌ。

物語に出て来る子たちは、この組織に所属していて

シィレエヌとして生まれたことから、父親からいない者として扱われたマドラス。

母親から自分の子として見られていないハイネ。

ストリートチルドレンとして生きて来たミラン。

この三人の監督官、夜烏。

このグループを中心として、物語は語られているの。

ハイネやミランは本名でなく、組織から与えられたコードネーム。

マドラスも組織に入ったことで、ウルラのコードネームを与えられるの。

1,2巻では、ペット探しとか、貴族の暇つぶし相手とか、ほんわかした依頼が続いて

でもコードネームなど、あちらこちらで、ほの暗さと背中合わせなのを感じさせるのよ。

その内、そんな依頼とかが来るのかな~

この作品で注目する点の一つに、ストーリーの作り方があるの。

読み手を物語に引き込む手法として、答えは先に散りばめて置く、のがあって

後になって出て来る事柄は、前もって読み手に説明しておくか、暗示させておく

こうすることで、答えが出た時に、嘘っぽさを感じさせるのを防ぐ。

要は伏線の張り方なのだけどね。

作者は、答えを先に見せるのは作品をつまらなくすること、と勘違いし易いの。

唐突に出て来る事柄は、読み手を物語から現実に戻してしまう危険があるのだけどね。

え? 何それ? と考えさせてしまうと、頭が物語の世界から出てしまうのよ。

読み手には、最後まで没頭させるのが良い物語。

夜鳴きのシィレエヌを読むと、話の終わりから逆算してストーリーを作っていて

伏線を張る→回収 伏線を張る→回収 を繰り返して、唐突感が出るのを防いでいるの。

はっきりと伏線だと分かること以外に、多くのコマでさり気なく張られていて

何か起きても、実は事前に暗示されていて、読み手は

スッとそのまま物語の中に留まり易いのよね。

もう少し、伏線を張ることを説明すると

心理トリックの一つに、人て視界の中に入った物を無意識下に留めておくので

質問の答えを、さり気なくチラと見せておくと、多くの人がそれを選ぶのがあって

アナタが選んだのは、これですか? て当てられるのは、これを利用しているのよね。

物語の読み手は、常に先を予想してページをめくるのだけど

自分が予想していたことが起きると、脳内に快楽物質が出て来るの。

つまり、さり気なく答えを散りばめておくと、読み手の無意識下でそう予想させて

いざ答えを物語で見せた時、心地良い気分にさせることが出来るわけ。

それは物語を読み進めさせるのに、大きな原動力になるの。

いざ、そうしようとしてみると、中々大変なのだけどね。

絵が綺麗なのも魅力の一つ。

帯とかは、すごく暗い内容みたいに煽るけど

明るく、クスクスと笑わせてくれる話が多いです。
(私は貴族の暇つぶしにウルラが駆り出される、第5話が好きです)

見掛けたら、是非読んで下さい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みかんゼリー

Author:みかんゼリー
玉葱をむくことは、人生に似ていません?
むいても、むいても、きりなく
涙は出て来るから

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR