ダーティペアの大冒険 を読んで

色々と、あ~だ~ こ~だ~ と騒がしい昨今。

私も、騒がしてしまいました~ わ~ パチパチパチ~

きっとね~ 通報された。うん、間違いない。

今日あたりに、地域の小学校では話題になっていたと思うな~

不審者情報で。

レンタル屋さんで、危険なお局が現れました、てね。うふ♡

誰がよ! もう止めてよ~ お局いじめだよ~ え~ん(泣)

たまたま、いただけじゃない。アニメコーナーに、この私が。

で、小さい子がやって来て、固まったの。うわ、お局がいる、て感じで。

昨日、レンタル屋さんに行って、まあ諦めたわけ。スーパーナチュラルは。

だって、ほとんど貸し出しなんだもん。旧作扱いになってから借りることにしたの。

で、懐かしい名前のを見たの。

ダーティペアのアニメ。だから、引っ張り出して読んでみたわけ、小説をね。

マンガ本をほとんど読まなかった、私の青春時代。

代わりに、小説。特にSF小説は良く読んでいたの。

アイザック・アシモフなどの海外作家さんの他に、日本の作家さんのもね。

面白かったな~ うん。思い出補正が入っていた。

ダーティペアの大冒険は、私が小学生の頃に読んだSF小説。

ちょっと破廉恥な恰好の、二人の女性が銀河を又にかけ、ハチャメチャに活躍する作品。

トラブル解決する機関の人たちなのだけど、行く先々で大惨事を巻き起こしてしまうので

ついたあだ名が、ダーティペア。

コードネームの、ラブリーエンゼルなんて、誰も使わないと言う痛快ぶり。

なのだけど・・・ うん十年ぶりに読むと、当時は良かったな、と思ってしまう内容。

何て言うのか~ 古い。もちろん、そうなのだけど。

この作品の作者さんは、ある意味、日本のSF界に大きな足跡を残したのよね。

SFマインドという、概念があるのよ。

これは、SFらしさとは? て概念を表す言葉。

ダーティペアの大冒険が出版された、1980年代から、日本のSFは衰退。

それは、こんなのはSFではない! て論争があったのが原因。

私は当時、アニメもほとんど見ない子だったから、この論争は対岸の火事だったのよね。

その頃て、SFアニメが流行っていたらしいのよ。

だけど論争のやり玉に挙げられていたのよね。このアニメはSFではない、て。

物理学的に~ とか。あ~だ~ こ~だ~ 言われていたわけ。

で結果は、SFファンに受け入れられる作品の、自由度を狭めてしまったの。

ダーティペアの作者さんは、このアニメはSFではない! と言っていた中心人物。

問題はね、この作者さんも、自身が主催していた会社で、SFアニメを手掛けていたの。

え~とね、超時空要塞マクロス、てアニメ。

それだって、そんなに物理学に沿った作品でなかったみたいなの。

ダーティペアだって・・・ 何でもない。

無理に定義付けしなくても良かったのにな~

読む人が、これはSF! と思えること。それで充分なのにね。
スポンサーサイト

ライトノベルを読んで

暑いよ~ 体が溶けるよ~

ドロドロのスライムになって、全てを飲み込んで

かくして地球は滅ぶのであった。

~~~ FIN ~~~

え? そんな地球最後の日は嫌だ?

安心して。

この夏は、どこも出掛けないで、冷房の効いた家の中で過ごすから。

温泉とか、本屋さんとか、カラオケ屋さんとか、スーパーとか行く以外に。

あ、会社があった。う~ん、仕方ないな。行って上げます。

最近ね、会社から帰ると、夜中は作業。で、寝不足。

合間に、本を読んでいるけど。

ライトノベルにも手を出している。

ある人の著書を読んで、読む人の気持ちって、これかな? と気付いたから。

ライトノベルって、小説の分野では下に見られるのだけど。

今、十何冊か読んでみて思ったのは、言いにくいのだけど

ほとんどの作品は、書いている人も、出版社の人も

ライトノベルを下に見ていている、と思った。

何て言うのかな~ 作っている人たちが、ライトノベルだから~ とか思って

簡易にすることと、適当に済ますことを、ごっちゃにしている。

物事を分かり易く伝えるのは、実は簡単なことではないのよね。

私みたいな、美しい美貌があって、初めて出来ること・・・

ごめんなさい、美し過ぎて。うっふん♡

痛い、痛い。石は投げないで。投げるなら、お金にして、お願いね。

多分ね、ほとんどの書き手は、ライトノベルに求められている物を理解していない。

楽しさなのは分かっていても、何でそれが求められているのかは、理解していない。

売れている作品を読むと、ある共通点があるのだけど、それを指摘する人はいない。

う~ん、これが広まると、ライトノベルって衰退すると思う。

他の分野の小説でも、これって出来ることだから。

ライトノベルに求められている物、それは読み手を包み込む、優しさ。

母性愛と言い換えると分かり易いのかも。

書き手が、ライトノベルだから~ なんて気持ちでは醸し出せないのよね。
プロフィール

みかんゼリー

Author:みかんゼリー
玉葱をむくことは、人生に似ていません?
むいても、むいても、きりなく
涙は出て来るから

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR