給食の時間 を読んで

私ほど理知的な人間はいないと言われている昨今。

え? そんなこと言われていない、ですって?

うん、そうだけどさ。

可愛い~ と言われているけどね、うふ♡

・・・言われてみたいよ、そんなこと。

まあ私でも、思い出補正で作品を評価したくなったりするの。

それが、給食の時間てマンガ本。

今でこそ、マンガ本をわんさかと読んでいる私。

実は、ピー(自主規制)歳までそんなに読んだことがなかったの。

活字ばっかりの専門書を読んでいる、嫌なインテリ女て感じかな?

だって、マンガ本を読まなかったのは、ピーしていたからだもん。

10年ちょっと前くらいに、色々とあって、気晴らしと言うのか、気紛れかな~

マンガコーナーにぷらと行って、絵が綺麗、て理由だけで買ったのよね。

結果は・・・ 御覧の通り。すっかりはまっています。

自分が中高生頃のを、ブックオフとかで探して読んだりもしたけど

その頃のだったら、こんなにはまらなかったかも、と思っていたの。

給食の時間は、私がマンガ本に、はまりだした頃の作品。

いじめや、その後の母親の対応で、味覚障害になった小学生の女の子が

田舎の学校給食で、自分を取り戻して行く物語。

おばあちゃんの家に預けられるのだけど、そこに男の人が下宿人でいるの。

20代後半くらいでね、この男の人は完食率9割以上の、カリスマ栄養士。

女の子が通うことになった小学校の、給食のおじさんなの。

この男の人も、奥さんを亡くしたことから、味覚障害になった過去があって

田舎の学校給食に関わっていくことなどで、救われていたの。

そんな辛い過去があるから、物静かな大人な接し方で女の子に関わっていくのよ。

そんなことされたら、いくら小学生だからって、ラブになっちゃうでしょ?

でも、男の人の娘とかが出て来たり、奥さんとの思い出が出て来たり

もちろん、年齢の差があるから、淡い恋模様で描かれていくのよ。

一番は、この女の子の成長が描かれているのだけどね。

この作者さんは、ゆめ色クッキングを描いた人なの。

1980年代の作品なのだけど、影響を受けて、お菓子作りを始めたて人いるみたいね。

私では、読んでみると、う~ん今一、とか思ってしまうの。

ただ、この作者さん、くりた陸さんの作品は、どれも優しさに溢れているのよね。

当時、読んでいたら、どんな気持ちだったのでしょう?

くりた陸さんは、今年の7月に亡くられました。

長い闘病生活の途中で、給食の時間は描かれていたのですね。

それを知ってから読み返すと、とても切ない気持ちになりました。

この作品、私は客観的に評価出来ない物になってしまいました・・・
スポンサーサイト

志乃ちゃんは自分の名前が言えない を読んで

68億人のファンのみなさま

私は帰って来ました。

え? ファンの数が多すぎる?

だって、私の美貌は、世界遺産クラスだから。

見る人、見る人、みんな惚れてしまうわけ。

プロフィールの画像を見ても分かるでしょ? 私の美しさは。

あれ? 写真がイラストに変わっている。あれ、今日は元に戻っている。

これって、もしかして・・・ 規制に掛かったのかも?

見たら恐怖で昇天するから、て。

・・・だから、ぼかしているでしょ。

このブログを始めたのは、好き勝手なことを書きたいな~ と思ったから。

例えば、マンガ本のこと。前のブログでは、もっと書きたかったのに不評だったのよね。

最近、お薦めしたいのは エビスさんとホテイさん てマンガ本。

だけど、このマンガ本は百合マンガなので、また後で。

最初なので 志乃ちゃんは自分の名前が言えない をお薦めしたい。

このマンガ本の主人公は、可愛い女子高生。

もうこれだけでも、殿方なら食い付くでしょ? 食い付かない? そう・・・

恥ずかしがらなくても構わなくてよ。私も正直に言うから

羨ましいよ~ 私もこんな可愛い見た目で生まれて来たかったよ~ ぐっすん。

見た目は可愛いのだけど、吃音症の子、言葉が上手く出ない子なのよ。

高校生になって、最初の自己紹介で、大失敗。

クラスメイトからも、担任の先生からも、理解されないし、説明も出来ない。

説明したくても、上手くしゃべれないから。

しゃべりたくても、上手くしゃべれない悲しさが、全編から溢れているのよね。

せっかく出来た友達とも、上手くしゃべれないから

他の人と楽しそうに話しているのを見て、自分から・・・

でも、友達が勇気を出している所を見て、自分のことを受け入れてね。

最後は、吃音症のまま、人生を普通に歩んでいるシーンで、エンド。

こう書くと、何だつまらないシーンで終わりなんだ、と思うでしょ?

でも、この子にとって普通でいることは、とても大変なことだって描かれているの。

主人公の女の子の、苦しさ、悲しさ、やるせなさが、とても良く描かれているマンガ本。

もっと知られても良いのにな~ と思う。

なかなか売っている本屋さんがないのが残念。

見掛けたら、手に取って読んでみて下さい。
プロフィール

みかんゼリー

Author:みかんゼリー
玉葱をむくことは、人生に似ていません?
むいても、むいても、きりなく
涙は出て来るから

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR