とある結婚 を読んで

ついに分かってしまった・・・

まあ私が、超可愛い美少女なのは当たり前のことだけどね。

え? 何を言っているのだって? そうよね、これはいけないわね。

超可愛い美少女だなんてね、おつむの程度が知れてしまうものね。

私はスーパー・プリティなハイティーン~♪ 痛い~ 叩かないで、頭は。

これ以上劣化したら、手に負えなくなるからね。

まあ最近、ようやく分かって来たの。ボーイズラブ物のどこが良いのか、て。

レズ物やショタ物は、可愛い「者」に溢れているのでとっつきやすいかったのよね。

でもボーイズラブ物は、良く分かんなかった。それが最近、気が付いたのよ。

う~ん、何て言うのか、中身は女の人なのよ。本質的には、レズ物と同じなの。

ただ外身が、男の人になって、性格もそれに合わせているだけで。

そうは言っても、私自身が面白いと感じているわけでないの。

どんな感じなのか分かっただけ。百合物の方が面白いと思うし。

とある結婚は、レズビアン・カップルの結婚を描いた百合マンガ。

高校の時、日本で出会った二人。

アメリカ人のアンナ、日本人の早紀。

12年後、二人はアメリカで一緒に暮らしていた・・・

これを読むと、アメリカは何でも開かれているわけではないと、改めて気付かされるの。

キリスト教などが深く入り込んでいるのもあって、アメリカて場合によっては

日本よりも、古い価値観を重んじている国なのよね。

それを頭に入れて置かないと、この物語は良く分からなくなるかも?

性的少数者のことを内心で良く思っていない人は、意外と多いのよ。

物語は、二人が住んでいるカリフォニア州で、同姓婚が認められた所から始まり

アンナが早紀にプロポーズしたことから、色んなことが起き始めるの。

正社員になれそうだったのに、同性愛者だと上司に知られて、解雇される早紀。

親にも言えない、周りに理解されない。同性愛への周囲の視線に悩まされ

嬉しいはずのプロポーズを、素直に受け入れられない。

アンナにも、厳格なクリスチャンである父との確執や

同性愛をいけないことと考えてしまう自分がいて・・・

ピザが切れるのもあって、日本に帰ることを決める早紀。

このまま二人は離れてしまうのか?

作者は、カリフォニア州在住の人。

読んでいると、外国と言っても、言葉が違うだけで

住んでいる人の感じることは、どの国でも変わりないと思えるのも魅力の一つ。

アンナと早紀、二人の揺れる心が良く描かれていて、お薦めです。
スポンサーサイト

ほんとのかのじょ を読んで

人て長い間生きていると、ふと気付くことがあるの。

新しい自分・・・

今まで見た事のない自分・・・

鏡の中に映る私は、世界一美しいって、うふ♡

え? 酷い妄想は止めろですって?

うん、そうだけどさ。ごめんね、ホントは宇宙一だから私って、てへ。

痛い、痛い、往復ビンタは止めて。若くないから、腫れが後引くから~

まあ、気付いちゃって来たのよね。

私て、男の人と女の人が、格好良くラブするお話しよりも

ちょっと変わったラブなお話しの方が好きだって。

ラブなお話しって、どうしてもキャラの内面を描くでしょ?

だから好きな部類なのだけど、私て恰好良いラブなのは惹かれないのよね。

だって、あんなことするわけないもん。人って誰でも内面は

ドロドロ。欲望に突き動かされる生き物。

ほんとのかのじょ は欲望に素直な「M」の女の子が繰り広げる

百合ラブコメディマンガ。

ちょっと素直になれない「S」な女の子に恋をするお話しなのよ。

で、この「S」な子も「M」の子のこと、かわいい~ とか思っているの。

でもね「M」な子は、SM的なお付き合いをしたがるのよね・・・

だから、相思相愛なのに、なかなか仲が進展しないのよ。

「もえってば全然わかっていない! ばか! ド変態! ドM!」

「ああん・・・♡ ゆーかさまァ・・・♡ 許してェ・・・♡♡♡」

・・・何て酷いセリフ。これでは内容を誤解するよ。

一応ね、「ピュア」百合を謳っている本に連載していたのよ。

決して、「SM」物でないからね。そこテストに出るからね、要注意だよ。

SM的なことは、ギャグ要素で出て来るだけだから~

少しづつ少しづつ、「性癖の壁」を乗り越えていくのが、とても良いラブマンガ。

え? どこが良い所だ、ですって?

う~ん、こう書くと変だけど、恋愛の障壁が「たまたま」性癖なだけで

そこを乗り越える内面の様子が、とても良く描かれているのだもん。

お薦めします♡

だって、この作者さんの、ほぼ全巻持っているも~ん。

※夜鳴きのシィレエヌと、同じ作者さんとはとても思えない内容です。

エビスさんとホテイさん を読んで

最近、マンガ本で増えて来たな~ と思うのは百合マンガ。

これはね、多分ね

分かんない~ えへ。

痛いよ~ 叩かないでと言っているでしょ?

崖っぷちなのだから、おつむの具合が。

でも、百合なら純愛を描いても、嘘っぽくならないのよね。

綺麗な恋愛物を描きやすいと思うな。もっと増えるかも?

だから、今からでも百合マンガを読まないとね。

そんな百合マンガ初心者にお勧めするのが、エビスさんとホテイさん てマンガ本。

普通、百合マンガとなると、最初からラブラブだったり、1話目でラブになったりして

百合関係になったことで起きる、周囲から百合に理解がない中とかで

どう向き合うのか? ラブをどう育むのか? とかを描いたりするのだけど

このお話しは、ちょっと違っていて。

好きになって、ラブな関係「一歩手前」までを描いているの。

だから、普通の百合マンガにある、ラブラブなシーンが苦手、と言う人にもお薦め。

そう言うシーンは少なめで

好きになった恋心に戸惑いながら、少しづつ少しづつ近付いて行く

淡い恋模様が描かれているお話し。キュンとすること間違いなしなのよ~

え? キュンだなんて、お局が言うと気味悪いですって?

何を言っているのかしら? 私はピチピチな17歳でしょ、うっふん♡

痛い、痛い。止めて、石を投げないで。

このお話しは、社会人にも慣れて来た、可愛らしいOLさんが主人公。

ある日、仕事の出来る同年代のクールな女性がやって来て・・・

最初は気に入らないのよ。不愛想な人で。その上、残業を絶対しないから。

噂を流したり、靴を隠したりと、いやがらせまでしちゃうのよね。

でも、靴を隠しているのに、それでも帰った後をつけたことで、秘密を知って・・・

残業をしないのは、姉の子供を引き取っていて、その子を迎えに行くからで・・・

それで主人公はキュンとしちゃって、気が付いたら目で追ってしまうように・・・

少しづつ少しづつ近付いて行って・・・

最後はもちろん、ハッピーエンド。

同姓を好きになる戸惑い、自分自身と向き合い。

主人公の揺れる思いが良く描かれているの。

百合が苦手な人でも、普通の恋愛物として読めますよ。
プロフィール

みかんゼリー

Author:みかんゼリー
玉葱をむくことは、人生に似ていません?
むいても、むいても、きりなく
涙は出て来るから

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR