ナラクノアドゥ を読んで

今日も今日とて、温泉へ行って来ました~

わ~ パチパチパチパチ(自作自演)

そして、自然公園を歩いて来ました~

色々と、変な人を目撃しましたが、それは置いておいて

気持ち良かった~

マイナスイオン、いっぱい補充しましたよ~

そういうことで、いつもと毛色の違う作品を紹介します。

ナラクノアドゥは、私が普段読まない、バトル物のマンガです。

う~ん、男の人が好きなバトル物って、つまらないと思うのです。

だって、強さの絶対的な尺度があって、それが高い者勝ちな世界観。

すごく単純だと思ってしまうのです。

ナラクノアドゥも、そんな絶対的な尺度があります!

でも面白いのは、主人公は最強から始まって、ドンドンと弱くなっていくところです!

物語は、悪魔たちによって、人が滅亡する手前になっているファンタジー世界のお話。

ナラクノアドゥでは、悪魔に比べて、人は余りにも弱い存在と描かれています。

何せ、下っ端の悪魔にすら、見ただけで身をすくませてしまうのに

その上へ、十二階梯の魔王という、絶対的な存在がいるのですから。

魔王たちは、全部で十二体。

階梯が一つ上がることは、圧倒的な差を持つことと描かれています。

第一位の魔王では、第二位の魔王には勝てない、という感じです。

主人公は、最高位の第十二位の魔王です。

ある事情から、人になりたいと、天使と契約します。

魔王を一体倒すごとに、人へと近付く契約です。わ~い、何て単純。

と思ったら、倒すごとに弱くなってしまうのです。

それも、二つ階梯が下の魔王よりも!

つまりですね、倒すと、その下の階梯の魔王よりも、弱くなるのです。

勝てなくなるわけです。

そこで、主人公は人間に協力して貰うことにするのですが・・・

というお話です。

普通のバトル物なら、主人公は強くなっていくところを、逆になっていくのです。

そこが、読んでいて引き込ませるところですし

人に協力して貰わないといけないから、人間ドラマが生まれるところなのです。

普通のバトル物とは、ちょっと違う作品。

たまには、こんな作品をと思って、紹介させて貰いました。
スポンサーサイト

みやこ美人夜話 を読んで

最近、年齢を重ねたな~ と思う。

今日も温泉へ行って、本屋さんに寄って、と。

ほぼ、休みの日の行動パターンが、揺るぎのないものとなっているから。

新しいことをしないと損とは思わないけど、思考が固まりそうで、ちょっと。

小説は、毎日のように読んでいるのよね。

でも、何か違う感がどうしてもあるのよね・・・

それは別の機会にすることにして。

みやこ美人夜話は、私と同様に、謎めいた美人が出て来るマンガ本です。

私もそうですが、美人って立っているだけで、男の人の妄想を刺激するのです。

えっ? 私も妄想が酷いですって?

まあ、それは置いておいて、このマンガ本も、謎めいた京美人は

最初と最後の話くらいで、あとは置いておかれる物語です。

物語は、何人かの女性たちを巡る、オムニバス。

幽霊などの、あるかないかの、はっきりとしないものを求める話しです。

物語のタイトルに出る「みやこ」は、過去のことから幽霊を求めています。

「まめこ」は、到達点。

「みさき」は、手術の先。

「おゆう」は、朧な恋。

それぞれの話には、「みやこ」が少しづつ関わりがあって、最後に結び付くのです。

帯などには、「京都で あなたと 内緒話」とか「 おかしみと切なさの絶妙配合」とか

良く分からない煽り言葉が書かれているので、手に取りにくいかも知れません。

それは、何を求めている物語なのか、はっきりとはしていないからだと思うのです。

雰囲気は明るく、絵は少し古さを感じさせ、ストーリーは続きを読ませる力があります。

安心して、落ち着いた話が読みたい方には、合うと思います。

また、みやこに恋する男の人のと顛末が描かれていますから、恋物語としても良いです。

切なくなるかは微妙ですけど、いつもと違うマンガをと思うなら、お薦めです。

ヒーローの秘密 を読んで

「この胸に宿る一番星…… それは愛!」

姪っ子は、無事に志望校へ合格しました。

志望校と言っても、半ば親から言われての所なので、微妙です。

本人は、納得していないように感じるのです。

本当に行きたかった高校には、学力が足りていなかったのですよ。

嫌味を言うと、私は県内なら何処でも行けるほどだったのです。

そのせいで、「本人が楽しく行けるなら何処でも良いのでは?」

とか姉に言うとですね、「あんたには分からないから!」とか返されたのですよ。

分かります? 頭の良い人間には分からない悩み、らしいです。

いつも思うのですが、それって偏見ですよ。

今回のことだって、姪っ子本人の想いを聞いていないのは、姉の方ですもん。

本人は、ダメでも受けてみたいと言っていましたよ。

挑戦しないで諦めたら、いつまでも心にくすぶって尾を引くって

何で分からないのでしょうか?

だいたい、子どものためとか言うくせに、選挙を放棄する親は、どれだけなの?

子どものことを考えているなら、子どもが暮らしていく国のことを

何で、真剣に考えないのでしょうか? 口だけの頭でっかちなのでは?

まあ、そんなことも3月から、私の心にくすぶっているのですが

そんな時は、これ。ヒーローの秘密を読むに限ります。

このマンガは、登場人物の性が変わる、TS物です。

主人公は、商店街を守るヒーロー戦隊に憧れている少年。

ついに入隊することが出来るのですが・・・

女の子に変身して戦うことになるのです!

冒頭で書いたセリフは、この少年の決めゼリフなのですよ(変身後)。

そして、隊長の男の人は、何と女の子が変身していたのです!

少年は、隊長と次第にラブな関係へなって行くのですよ~

商店街を襲う異星人は、特売品を買い占めたり、スク水を広めたりして

ほのぼのとした侵略? なので

物語は、この少年と隊長との恋が中心として描かれています。

TS物の醍醐味と言ったら、心と体のアンバラスな中での恋。

この少年と、隊長も、悩みます。

少年は隊長の秘密を知っているのですが、自分が男だって内緒にしています。

いつも女の子として、隊長(男の姿の時)に会って、キュンキュンしちゃうのですよ。

だから、この恋心は、隊長が男だからなのか、女だからなのか、分からないのです。

隊長の方は、自分が女なのに、女の子にドキドキするのは変だと悩むのです。

打ち明けられたら良いけれど、そうしたら嫌われてしまう・・・

そんなところが、すごく面白いのですよ~ かなりエッチな描写が多めですけど・・・

ヒーローの秘密は、夜鳴きのシィレエヌと同じ、今村陽子さんの作品です。

この作家さんは、悩める乙女心を描くのが上手だと思うのです。

一番のお薦めは、sunnyて作品なのですが、10年近く前のなのですよ。

再販しそうにもないし・・・

読み終わると、温かい気持ちになれるのに~

復刻するなら、世に知られていない隠れた名作にして欲しいですよ~

AIの遺電子 を読んで

みなさん、今月号のムーは読みましたか?

ムーと言うと、世界一の美少女たる、この私の愛読書として有名ですが

有名なの! 痛い子だって、分かっているもん。

真面目な話し、AIのことを、みなさん、どう思っているでしょうか?

今月号のムーは、AIの進歩が見せる、未来予想の一つを提議していました。

それはですね、あながち妄想とは言えないことなのです。

車椅子の科学者・故スティーヴン・ホーキング博士は、ムーと同じ主張でした。

つまり、人が機械に淘汰される、そんな未来予想を持っていたのです。

AIの遺電子は、それとは違う未来を描いたマンガ本です。

この作品の中では、AIにも人権が認められ、人と同じような身体を持っています。

主人公は、AI特有の病気や心の悩みを解決する、お医者さんです。

この作品では、AIも人と同じような悩みを持つとされています。

勉強に悩んだり、仕事に悩んだり、恋に悩んだりと、ほぼ人と同じです。

ただ機械なので、人とは違い、部品を交換することや、調整することで

心もいじれてしまうのです。

でも人もそうですけど、何かをいじると、別の何かが表面化して

別の悩みになったりするのです。

主人公は、強制的に悩みを無くすことを好まないスタイルを取り

患者さん(AI)に寄り添って、治療に当たります。

時には叱咤して、時には優しく接して、患者さんの悩みを解決します。

AIは、人とまったく同じ扱いで、知性も人と変わらないと描かれています。

ここ数年、AIの社会進出は目覚ましいものがあります。

例えば、グーグルの検索にも、AIが使われているのは有名です。

AIの遺電子の出版社、秋田書店では

AIを使った、絵への着色を公開しています。

ですが、マンガや小説での

このままAIが社会進出した場合の未来予想の切口は、昔と変わりません。

今後、もっと身近なものになって行くのですから、これはチャンスなのかも。

AIの遺電子のように、新しい切口を思い付ければ、受けるかも知れませんよ。

参考になるか分かりませんけど、私の未来予想の一つを、続きに載せて置きます。

続きを読む

マンガ雑誌での連載て

ご近所様は選べない。

最近は、隣り近所に気を遣える人が、減っているように思えます。

私も、新聞社へ居場所をリークされて、ファンが押し寄せて大困りです。

そんな妄想はさて置き、GWは温泉三昧です。予定通りです。

今日も行って来ました、昨日もです。

本屋さんにも寄って、マンガ雑誌を立ち読みです。

私て、雑誌はムーかニュートンくらいしか読まないのですけど

マンガ雑誌を読んで、ちょっと驚きました。

と言うのも、WEBの試し読みの方が、面白く感じた作品が多かったからです。

雑誌になっていると、輝きというのか、特別感というのか

一つ一つの作品が埋もれてしまって、霞んでしまうように感じました。

これでは、他の作品があるからと、少しでも今一と思われたら

いい加減に読み飛ばされてしまうのでは? と考えてしまいました。

それは、勿体無いかも知れません。

コミックとして、話を続けて読むと、面白い作品もあるからです。

特にストーリー性を、大事にしている作家さんのでは、そうなるのではないでしょうか?

もっとも私なんてよりも、その辺を分かっている人は、多いと思いたいです。

と言うのも、雑誌での人気が低いと、打ち切られてしまうのですよね?

コミックになると、面白い作品もあるのに、それってどうなのでしょう・・・

私は、雑誌ではなく、コミックで読む派なので、たまにあるのです。

え? これで終わり? 人気がなかったの? て作品が。

多分ですね、そんな作品て、雑誌での人気が今一だったのかなと思うのです。

雑誌で連載をするのには、他の作品から埋もれないように

パッと読者の目に留まる「引き」が大事なのでしょう。

そして、どうなるの? と思わせる「締め」を持たせること。

この二点が、ストーリーを作ることよりも大事なのかも知れません。

例えばですね、題名を「玉の輿でチートと伴侶を得ました」とか

それだけでストーリーが想像出来る「引き」を作ってですね

話の最後は、常に主人公を狙う新たなイケメンが現れて「締め」るのです。

酷いお話になりそうですけど、多分、こんな感じの分かり易さが必要なのかも。

雑誌での連載って、難しいのだな、と思った今日この頃です。
プロフィール

みかんゼリー

Author:みかんゼリー
玉葱をむくことは、人生に似ていません?
むいても、むいても、きりなく
涙は出て来るから

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR